PC....?
HOME 医療関係者の方 処方法 - レンズフィッティング
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オルソのフィッティングシステムでは、通常、初回パラメーター選択時にトライアルレンズの使用が推奨されている。トライアルレンズの装用により、有用な臨床データが得られるだけでなく、患者の反応やオルソの成功の可能性に関する重要なデータを得ることが可能となる。
この際、レンズフィッティングを成功させるには、ケラトメーター測定値と屈折度数から初回レンズを処方することがきわめて重要となる。他に、装用前の角膜トポグラフィー、就寝時(オーバーナイト)装用に対する反応評価、装用後のトポグラフィーなどが矯正期間を通じて有用なデータとして利用される。