PC....?
HOME インフォメーション What’s New 最新情報
 
 
 
 
 
 
 
 
日本において、5人中4人は・・・
2018-10-22


眼鏡大国日本、眼鏡の所有者の約6割は複数所有


●5人中4人は「眼鏡を持っている」
眼鏡の所有者は8割強、所有数は「1~2個」が5割でした。所有者、所有数ともに、50代以上が他の年代より比率が高くなっています。

●4割の眼鏡ユーザーが「常にかけている」と回答
眼鏡の用途・利用シーンは、「常にかけている」が最多にあたる42.2%を占めるという結果でした。それ以降は、24.1%が「細かいものを見る時、手元を見る時」、 18.5%が「車の運転をする時」、15.3%が「コンタクトレンズをしていない時」でした。

●ユーザーが感じる眼鏡への不満点とは?
アンケート回答者から寄せられた全4,172件もの「眼鏡に関する不満点」の中からいくつかピックアップして紹介していきます。

・視力の悪化が不安だが、メガネによってそれが解消できるのか知りたい。
・耳の高さが若干違うようでその調整を頼んだらそれはできないと言われたことがある。
・専門性の高く、接客の対応が優れているような店員のいる良い眼鏡屋さんが少ない。
・調整に定期的にきてくださいと言われても、それだけのためにいきづらい。
・長年使ってきたメガネを修理に出したとき、パーツがないので修理ができないと言われたとき残念だっ た。
・眼鏡をかけたまま横になってしまうと、眼鏡が傷んでしまうので、横になってDVDなどを見たくても、 見れないのが残念です。 でも、見た目も重視したいので、柔らかい素材のものを選ぶのも悩んでしまいま す。
・鼻パットのあたりが、化粧崩れするので、コンタクトよりも目にはいいと思うが、家でしか使用しな い。 マスクをすると、曇ってしまうのも困る。
・度が強いので、特注になり、セット価格などの利用ができない。





    出典元:マイボイスコム株式会社       引用:https://dime.jp/genre/614318/




 オルソケラトロジーであれば、上記のような不満点は解消されます。







強度近視や緑内障・・・20人に1人⁉
角膜の構造について