PC....?
HOME インフォメーション What’s New 最新情報
 
 
 
 
 
 
 
 
【危険!】早く治療すれば回復したのに…
2019-04-18









【危険!】早く治療すれば回復したのに…「50人に一人もいる!子どもの弱視の見逃し」に気をつけて!




 子どもの弱視の多くは3歳ごろから治療を始めれば小学校入学までに視力が改善しますが、8歳以降になると思うような効果が得られず、一生弱視となってしまう場合が多くなります。親が子どもの弱視を見逃してしまい、手遅れになるケースがとても多いことをご存知でしょうか?
なぜ見逃してしまうのか、どうしたら早く発見できるのかについて、前橋ミナミ眼科副院長の板倉 麻理子先生にお話を伺いました。しっかり確認しておきましょう。

50人に1人の子どもが「弱視」です!
 弱視とは「めがねやコンタクトをしても視力が1.0に満たない状態」を言います。
赤ちゃんの視力は、ピントの合った映像が脳に送られ、脳の細胞を刺激することで発達します。3歳までに急激に発達して視力0.6〜0.9程度になり、5歳で大人とほぼ同じ1.0以上になります。6〜8 歳には視力が完成します。
しかし、斜視や強い遠視など何らかの目のトラブルがあると、目のピントをうまく合わせることができず、脳の視覚領域の成長が妨げられるため、視力が伸びずに弱視となってしまいます。

 弱視の子どもは50人に1人くらいの割合で見られます。思っていたより多いと感じる方が多いのではないでしょうか。

 乳幼児は0.2程度の視力があれば、日常生活を不自由なく送ることができます。弱視であっても普段の生活では問題が顕在化しないため、家族も気付かない場合が多いのです。なかでも片目だけ弱視である「不同視弱視」の子どもは、もう片方の目の視力が良いため日常生活に不自由がなく、周りの者も気づきにくいのが現状です。「不同視弱視」の子どもは多く、群馬県の3歳児健診での調査では弱視の子どもの約50%はこの「不同視弱視」でした。

 疫学研究では、片眼が弱視の人が将来、病気やケガでもう一方の眼も視力障害になった時、同じ仕事を続けられる割合はわずかに35%しかありませんでした。また、高齢になって両眼の視力障害になる率が、正常な視力の場合の約2倍高いことが示されています。

早期に治療を始めれば、就学までに問題ない程度にまで回復できる!
 視覚の発達は6〜8歳で完成するため、それ以降に治療を行っても思うような効果は得られず、一生弱視となってしまう場合がほとんどです。
強い遠視や乱視、不同視は満3歳〜3歳半頃に異常を発見し、治療を継続することができれば、小学校入学までにほとんどが0.8以上の視力になり、学校生活で問題ない状態にすることができます。治療開始が8歳以上になると、小学校の中・高学年まで治療が継続されるため、子どもにとって大きな負担となります。さらに、小学校入学後は通院が難しく、治療を中断してしまうケースも多いことからも、弱視は早期発見、早期治療が最も大切です。
しかし、もし見逃してしまっても、あきらめないことが肝心です。8歳を過ぎるとたしかに治療に反応しにくくなりますが、だからと言って良くなる可能性がゼロではありません。

子どもの弱視を多くの親が見逃してしまう理由
 いつもそばにいる親でも、子どもの弱視に気がつかないことが多いのが現状です。それはなぜでしょう? よくある「見逃しケース」を知っておきましょう。

●見逃しケース1 視覚の発達にリミットがあることを知らず放置
 上で書いたように、乳幼児は0.2程度の視力があれば、日常生活を不自由なく送ることができます。そのため、子どもの様子からは弱視がわかりにくいことがほとんどです。
さらに、親が「視覚発達にはリミットがある」ことを知らないために、子どもの様子に多少気になることがあっても緊急性を感じず、つい様子見して放置してしまうことが少なくありません。特に子どもが活発で落ち着きがない場合には、眼科を受診してもおとなしく検査を受けることができないだろうと考えて、先延ばしにしてしまうこともあります。

●見逃しケース2 「3歳児健診」でスルーしてしまう
 弱視は3歳ごろから治療を始めればほとんど治ります。そこで重要なのが3歳児健診です。 3歳児健診では、家庭での視力検査とアンケートが行われ、結果に問題があれば眼科に紹介という流れが一般的です。
弱視は3歳ごろから治療を始めればほとんど治ります。そこで重要なのが3歳児健診です。 3歳児健診では、家庭での視力検査とアンケートが行われ、結果に問題があれば眼科に紹介という流れが一般的です。

■視力検査が正しくできていない
家庭での視力検査では、検査距離を測っていなかったり、正しく片目をふさいでいなかったりすることがよくあります。もし視力検査ができなくても「普段は全然症状がないから、きっとうまく答がられなかっただけ。たぶん見えているだろう」と勝手に判断し、アンケートの「見えた」に丸をしてしまう場合が少なくありません。

■子ども自身に自覚がない
子どもに「ぼやけている」という自覚がないので、子ども本人も家族も気が付かないことがよくあります。治療が必要な遠視であった場合でも、無意識に調節して0.5がどうにか見えてしまうこともあります。すると当然、アンケートにも「異常なし」と書き込みます。

■「要精密検査」になっても眼科を受診しない
さらに残念なことは、健診で「要精密検査」となっても、眼科を受診しない方が多いことです。平成10年から4年毎に行われている日本眼科医会全国アンケートでは、要精密検査となっても受診しなかった家庭が35%前後にものぼりました。3人に1人以上が、眼科に行かず放置してしまっているのです。
受診をしなかった理由として「見え方に問題がないようだったから」、「仕事が忙しかったから」などが報告されています。


手遅れにならないために、いま親がすべきこととは?
 子どもの弱視を見逃さず、早期に発見・治療するために、以下の点に気をつけましょう。

■子どもの様子が少しでも気になったら、すぐに眼科へ
 子供の視力は近くを見るのに必要な「近見(きんけん)視力」から成長し、その後、遠くを見るのに必要な「遠見(えんけん)視力」も成長していきます。弱視の子どもは近くも遠くもピントが合いませんが、無意識に調節力を過剰に使って近視化したり遠視化をしたりピント合わせをしようとしています。
弱視でも、自分の好きなものや記憶の蓄積が多いものなどは、ぼんやりした形から推測することができるため、遠くの飛行機や鳥を見つけられることもあります。逆に、幼児は認知もまだ発達途中で個人差があるので、見えていても答えられないことがあります。

 日常生活の幼児の会話から弱視を判断するのはむずかしく、見た目や行動から推測するしかありません。テレビを見るときに異常に近くに寄ったり目を細めたりする、片目を手でさえぎるとひどく嫌がるなどの様子がある時は要注意です。

 また、斜視も弱視になる大きな原因の1つです。斜視は写真で見ることで目の方向の違いに気づきやすくなります。日常的にスマートフォンなどで、子どもの顔の写真を撮って観察するのも一案です。
いずれの場合も気になる様子が少しでもあったときは、すぐに眼科を受診して相談しましょう。

■こんな時は眼科へ
・目つきがおかしい
・テレビを見るときに異常に近くに寄ったり目を細めたりする
・片目を手でさえぎるとひどく嫌がる
・目が揺れている
・頭を傾けたり、横目でみたりする
・斜視のように見える
・黒目の中央が白く見える


3歳児健診の家庭での視力検査をしっかり行う
 子どもが視力検査のやり方を理解できるようになるのは3歳頃からなので、3歳児健診でしっかり視力チェックをすることが重要です。

 健診の前には、「ランドルト環」と呼ばれる検査キットが自宅に送られてくるので、2.5m離れたところから見て、視力が0.5以上あるかを片目ずつ測定します。家でもできる限りしっかりチェックしましょう。
もしうまくできなかった場合は、後日家庭で再検査します。それが難しい場合は、必ず眼科もしくは小児眼科で検査してもらいましょう。


「要精密検査」と診断されたら必ず受診を
 3歳児健診や眼科で「要精密検査」となった場合には、速やかに眼科を受診しましょう。小児専門の眼科でなくても、視能訓練士が在籍している眼科であれば子どもに対応可能なことがほとんどです。視能訓練士がいなくても受け入れ可能な眼科もありますので、事前に電話などで問い合わせるとよいでしょう。

 眼科では、視力検査・屈折検査(近視、遠視、乱視などがないかの検査)などを行いますので、家庭で片目ずつ視力検査の練習をしておくと、眼科でもスムーズに検査ができます。
異常を指摘されても眼科を受診しなければ、手遅れになってしまうことが少なくありません。子どもの将来に大きく影響することですから、親がしっかり対応してあげたいですね。







〈中略〉






 弱視の治療にはタイムリミットがあります。8歳を過ぎたら良くなる可能性がないわけではありませんが、より低い年齢で治療を開始したほうが、確実に治療効果は高くなります。
弱視は早期発見、早期治療が最も大切です。
もし見逃してしまっても、あきらめないことが肝心です。8歳を過ぎるとたしかに治療に反応しにくくなりますが、だからと言って良くなる可能性がゼロではありません。
(取材・文/かきの木のりみ)






■監修
Profile:板倉 麻理子先生(前橋ミナミ眼科副院長)
前橋市出身。前橋赤十字病院勤務を経て、2018年11月に前橋ミナミ眼科を開院し副院長に。日本眼科学会認定眼科専門医、群馬県3歳児健康診査の眼科検査に関する検討会議委員、日本眼科学会会員、日本弱視斜視学会会員。


                              


引用:【危険!】早く治療すれば回復したのに…「50人に一人もいる!子どもの弱視の見逃し」に気をつけて!
                                               たまひよ Benesse
















目がチカチカする…「疑うべき病気と対処法」
若者中心に増加 スマホ使いすぎ見直しを